ID : Pass : 新規登録
google
情報共有メニュー
一般のかたへ
医療関係者のかたへ
情報共有WEBログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Net4U SNS ログイン
メールアドレス
パスワード

次回から自動的にログイン
ホームページ運営協力

平成29年度 つるおか健康塾

 
第4回 つるおか健康塾  12/6 UPLOAD!
  【日 時】 平成29年11月18日(土)
  【会 場】 荘内病院 3階講堂
  【参加者】 31名(アンケート協力者:26名)
  【講 義】 「緩和ケアについて」
  講師:荘内病院 内科医長・緩和ケアチーム 和泉 典子 氏
    「地域で支え合うこころの健康づくり」
  講師:鶴岡市  健康課 保健師      加賀 安子 氏
 
アンケート集計結果はこちらからダウンロードできます。
  平成29年度 第4回 つるおか健康塾アンケート結果
 
◎次回、第5回「つるおか健康塾」平成30年1月20日(土)の予定
内容 1.「メタボロミクスについて」
      【講師】国立研究開発法人 国立がん研究センター
           鶴岡連携研究拠点がんメタボロミクス研究所
                   チームリーダー  横山 明彦 氏
   2.「認知症ケア」
      【講師】荘内病院 認知症看護認定看護師  富樫 千代美 氏
 
 
第3回 つるおか健康塾  10/13 UPLOAD!
  【日 時】 平成29年9月16日(土)
  【会 場】 荘内病院 3階講堂
  【参加者】 31名(アンケート協力者:29名)
  【講 義】 「一病息災でも健やかに~生活習慣病について~」
  講師:荘内病院    内科主任医長   安宅 謙 氏
    「がんと私とリレー・フォー・ライフ」
  講師:リレー・フォー・ライフ・ジャパン 鶴岡実行委員会
 
アンケート集計結果はこちらからダウンロードできます。
  平成29年度 第3回 つるおか健康塾アンケート結果
 
◎次回、第4回「つるおか健康塾」11月18日(土)の予定
内容 1.「緩和ケアについて」
      【講師】荘内病院 内科・緩和ケアチーム  和泉 典子 氏
   2.「地域で支え合う こころの健康づくり」
      【講師】鶴岡市 健康課  保健師     加賀 安子 氏
 
 
第2回 つるおか健康塾  8/1 UPLOAD!
  【日 時】 平成29年7月15日(土)
  【会 場】 荘内病院 3階講堂
  【参加者】 29名(アンケート協力者:25名)
  【講 義】 「東洋医学からみた健康長寿」
  講師:医療法人 丸岡医院  院長   田中 栄一 氏
    「お薬の正しい服用法」
  講師:ツルオカ薬局病院前店 薬剤師  池田 雅俊 氏
 
アンケート集計結果はこちらからダウンロードできます。
  平成29年度 第2回 つるおか健康塾アンケート結果
 
 ◎田中栄一先生の「東洋医学からみた健康塾」から≪夏バテの養生≫
  ◆夏バテ対策の食材について
  : 生姜、紫蘇⇒ 腸を温め、消化吸収機能の低下予防。
  : 小豆、スイカ、冬瓜、メロン、トマト⇒ 体内にこもりがちな熱を冷ましながら
                     汗で失われる潤いとエネルギーを補給。
  : 酢の物、梅干し⇒ 喉の渇きすぎや汗のかきすぎを改善。

 ◎薬剤師の池田雅俊さんの「お薬の正しい服用法」から
  ◆「食前」「食間」「食後」など薬を飲むタイミングは、食事を規則的に摂ってない場合
   はどうしたらいいのか…など再確認された方もいました。


◎次回は9月16日(土)に開催します。
1.内容 「生活習慣病」 【講師】 荘内病院 安宅 謙先生
2.内容 「がんと私とリレー・フォ-・ライフ」
      【講師】 リレ-・フォ-・ライフ・ジャパン 鶴岡実行委員
 
 
第1回 つるおか健康塾  8/3 UPLOAD!
  【日 時】 平成29年5月20日(土)
  【会 場】 荘内病院 3階講堂
  【参加者】 36名(アンケート協力者:29名)
  【講 義】 「ピロリ菌と胃がん~中学生からのピロリ対策」
  講師:医療法人社団久医会 池田内科医院 院長  渡邊 秀平 氏
    「知っておきたい口腔ケア」
  講師:歯科家中新町クリニック   歯科衛生士  佐藤 絵里 氏
 
アンケート集計結果はこちらからダウンロードできます。
  平成29年度 第1回 つるおか健康塾アンケート結果
 
 平成29年5月20日(土)荘内病院の講堂で今年度第1回目の「つるおか健康塾」が
開催され、参加者36名で29名の方からアンケートにご協力いただいきました。
 「ピロリ菌の話」、「口腔ケアの話」、それぞれに多くの質問があり、参加者の方達の思いを共有できました。